今年の梅仕事計画

今年は久しぶりに梅干しを漬けようと思います。











最後に漬けたのは4年前?

以降、いただきものを使ったり、
直売所で購入したりしていました。


毎日2個ずつ作るお弁当に必ず1粒入れるので、
1週間に14個は消費するわけです。



とすると、結構なペースで梅干しがなくなってしまう。



では梅干しを買いましょうか、と
自宅近くのスーパーに行って
そこに並ぶ梅干しの原材料ラベルを見ると
「保存料」「着色料」「甘味料」…と、
積極的に摂取したいとは決して思わない添加物がずらり。



保存食なのにどうして保存料が添加されているのかと
頭の中はハテナでいっぱいですが、
これはきっと昨今の減塩志向によるものなのでしょう。



梅干しが保存食たる所以は、その塩分含有量にあります。


口に入れた途端「すっぱーい!」となる
いわゆる「昔ながらの梅干し」は塩分20〜25%。

対して、減塩の梅干しは2.8%やら3%やらと、
昔ながらの梅干しの1/10。
これでは保存が利かないのも当然というわけです。
 



話がそれましたが、
できれば添加物やら何やら入っていないものが欲しくても
それが並ぶスーパーが少ないということに困っていました。
直売所や道の駅で販売されていることが多いけど、近くにないし。




ならば、自分で作ろうと、冒頭の決心に至ったわけです。






せっかくだから農薬を使わずに栽培された梅で漬けようと、
通販で南高梅を予約購入。完熟梅を3kg、青梅を1kg注文しました。









近くの自然食品店での購入も考えましたが、
梅のシーズンは短い!
しかも、無農薬の梅は貴重なので、売り切れてしまう可能性も。

買い逃しは避けたかったので、楽天で購入しました。



梅干し用の密閉瓶も3本ポチッと。




わが家にはすでにこのタイプの4ℓ瓶が2本あるのですが
先日のブログで作った果実酒がまだ入っているので
メンバーを追加しました。




青梅が6月10日以降、完熟梅が6月20日以降の発送とのこと。
タイミングが大幅にずれない限りは、一緒に送ってくださるみたいです。

青梅は梅酒に、完熟梅は梅干しにしようと思います。
それから、もし梅を追加で購入する機会があったなら
カリカリ梅と梅シロップをちょびっと、配合違いの梅酒をもう1つ作りたい。
(そんなに作ってどこに置くのか)



それぞれに適した熟度があるので、
固い青梅でカリカリ梅

青梅で梅酒

青梅で梅シロップ

黄梅で梅干し
の流れかな。
梅干しは青梅で作る方法もあるけど、
皮が薄くてふっくらした梅干しを作りたいなら、熟した黄梅を使いましょう。



さささ、6月は梅仕事で忙しくなりそうです!








とか何とかしているうちに…。


熊本市の自然食品店「有機生活」さんで、小ぶりな青梅と遭遇。


梅…。
注文しちゃったからなぁ…。
でも、何か惹かれるなぁ…。

と、3分くらい悩んで購入しました。1kgで600円でした。



産地の益城町は、震災で特に被害の大きかった地域です。

「梅の木、無事だったんだ」とホッとしつつ、
生産者の方の状況を思うと胸がぎゅうっとなります。






この青梅は、薄口醤油で「青梅の醤油漬け」にしました。
梅はそのまま食べ、醤油は刺身に付けるとおいしいそうです。
初チャレンジ。


わが家の醤油はヤマア醤油。
九州産だけど甘くないです。




醤油に漬けて1週間後から食べられるとのこと。楽しみです。









MABORI